前田穂南の父は元ラグビー選手!足が長いのは母の指導のおかげ?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
前田穂南
スポンサーリンク

2024年1月28日に行われた大阪国際女子マラソンで、2時間18分59秒で優勝し、19年ぶりに日本記録を塗り変えた天満屋の前田穂南選手。

パリ五輪の内定に大きく近づきました。

途中、沿道を走りながら応援するお父さんの姿は、「速い」「感動した」と話題に。

調べたところ、お父さんは元ラガーマンだったことがわかりました。

また、前田選手は足が長くストライドが長いのが強みですが、それには、子供の頃のお母さんの指導に秘密があるという情報も。

この記事では、

  • 前田穂南選手のお父さんはどんな人?
  • 前田穂南選手の足が長い秘密

これらについてお伝えしますので、ご覧ください。

スポンサーリンク
目次

前田穂南の父は元ラグビー選手!

大阪国際マラソンでは、32km過ぎの地点で、ピンクのジャンパーを着たお父さんが沿道を10秒以上並走。

お父さんは現在50歳で、名前は、前田哲宏(あきひろ)さん。

前田穂南・父・哲宏さん

まさに“疾走”と言うべき走りに、これは素人ではないなと感じましたが、実は、哲宏さんは元ラグビー選手でした。

前田穂南さんが小学校6年生の最後のマラソン大会で、どうしても優勝したかった穂南さんと一緒に走って練習してくれたそうです。

元アスリートのお父さんならではですね。

大阪国際女子マラソンのアナウンスでも、「小学校時代からともに走り続けてきた親子」と紹介され、ネットで感動の声が聞かれました。

その先では、お母さんも沿道から声をかけていらっしゃいました。

前田選手はレース後のインタビューでご家族の声援について聞かれ、

よく聞こえていませんでした。

と答えていましたが、きっと気持ちはしっかり届いていたでしょう。

スポンサーリンク

前田穂南の足が長いのは母の指導のおかげ?

前田選手の魅力は、そのストライドの長さ。

身長も166cmとマラソン選手の中では高いほうですが、とにかく足の長さに目が行きます。

前田穂南
前田穂南
前田穂南

周りと比較しても、わかりますね。

前田穂南

これは持って生まれた強みでもありますが、実は、こんなエピソードがありました。

後半の追い上げを支えたストライドの長さには秘密がある。入社前まで過ごした兵庫・尼崎市の自宅では正座禁止だったという。

引用:日刊スポーツ・2017年8月28日

これは、お母さんの麻理さん(50歳)からの指導。

前田穂南・母・麻理さん
前田麻理さん

麻理さんは自分のお母さんから、

「アメリカの人が足が長いのは椅子だから」

と教えられたため、穂南さんには冬もこたつを用意せず、骨に無駄な負荷がかからぬように椅子に座って食事することを徹底していたそうです。

前田選手の活躍は、実はこの洋式生活のおかげだったかも知れませんね!

スポンサーリンク

まとめ

この記事では、女子マラソンの日本記録を塗り変えた、前田穂南選手についてお伝えしました。

  • お父さんは元ラガーマンで小学校の時から一緒に走っていた。
  • お母さんは穂南さんの足が長くなるよう正座禁止をしていた。

こんなご家族の応援があっての快挙かもしれません。

3月10日の名古屋ウィメンズマラソンで、2時間18分59秒を破る選手が現れなければ、自身2度めの五輪となるパリ五輪に内定します。

結果を見守りたいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次