富士宮の病院刺殺事件|73歳男性の動機は?妻と娘を刺殺して自殺

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
富士脳障害研究所附属病院
スポンサーリンク

2023年9月27日(水) 午後2時すぎ、静岡県富士宮市にあるこの病院で、男性が患者である妻と娘を刺したあと、自らを刺して3人が死亡する事件がありました。

いったいどんな事件で、刺した男性の動機は、何だったのでしょうか。

この記事でお伝えしていきます。

スポンサーリンク
目次

富士宮の病院での刺殺事件の概要

富士脳障害研究所附属病院

いったいどんな事件だったのでしょうか。

27日午後2時20分ごろ、富士宮市の富士脳障害研究所附属病院の関係者から「入院患者が刺された」と警察に通報がありました。

警察によりますと、刺されたのは、別々の部屋に入院していた富士市の齊藤ちづ子さん(72)と、長女の聖子さん(40)の2人で、齊藤さんの73歳の夫が刃物のようなもので2人を刺したあと、みずからも刺したということです。

3人はいずれも死亡が確認されました。

引用:NHK

富士宮市杉田の茶畑の中にある、富士脳障害研究所附属病院が事件現場です。

富士脳障害研究所附属病院については、こちらの記事もお読みください。

73歳の男性は、まずこの病院に入院していた40歳の娘を刺し、その後、別の部屋に入院していた72歳の妻を刺しました。

そして自らも自殺を図ったようです。

妻と娘はその場で死亡が確認され、男性は刃物が刺さったまま別の病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。

わずか15分の間の出来事で、凶器の刃物は男が持ち込んだものか病院にあったものかはまだわかっていません。

非常に悲惨な事件で胸が痛みます。

いったい動機は何なのでしょうか。

スポンサーリンク

富士宮の病院刺殺事件|73歳男性の動機は?

富士脳障害研究所附属病院

家族は富士宮市の隣の富士市に3人で暮らしていました。

家族は病院がある富士宮市の隣の富士市に住んでいた。近所の人によると、娘が約20年前に倒れて入院し、妻も半年ほど前に入院していたそうだ。男は最近、思い悩んでいる様子だったという

引用:FNNオンライン

長女の齊藤聖子さんは40歳なので、20歳の頃に倒れたことになります。

入院していた富士脳障害研究所附属病院は、くも膜下出血や脳出血や、脳腫瘍・頭部外傷など頭や脳に関する治療を専門としているので、いずれかの疾患だったと思われます。

病院でも寝たきりだったとのことなので、母親であるちづ子さんがお見舞いに行き看病をしていたのだと思われます。

そのちづ子さんも倒れてしまい、夫である男性は家のこともままならず、将来を悲観したのでしょうか。

近所の人:

半年前に奥さんが倒れてから近所との付き合いをまったく閉じちゃっているような状態で、我々も話しかけるのもかわいそうと思ったから話しかけるのもできないような状態で、相当 悩んでいたのではないかな。

引用:FNNオンライン

こちらの報道によると、相当悩んでいたようです。

一つ気になるのは、娘の聖子さんは「長女」とありますが、他にお子さんはいなかったのでしょうか。

どこかに助けを求めたり相談できていれば、このような事態は避けられたかもしれません。

今後の捜査で詳しい動機などは明らかになると思います。

スポンサーリンク

まとめ

2023年9月27日(水) に起きた、富士宮の富士脳障害研究所附属病院での刺殺事件について、事件の概要、刺した男性の動機について、お伝えしました。

亡くなった3人のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次